新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

応援企業紹介|株式会社 カンパネラ

※〈応援企業紹介〉の記事では、就職氷河期世代の方々をはじめ、就職や転職活動に向き合うみなさんを応援する福井県内の企業を紹介していきます。採用に対する企業の考え方や、転職経験のある方々の体験談から、ぜひ明日に向き合うヒントを見つけていただければ幸いです。

今回は、アウトドア用品の販売を行う株式会社カンパネラの髙橋さんと山形さんにお話をお伺いしました。

■採用担当者のお話|髙橋ゆかりさん

画像1

ー髙橋さん、よろしくお願いします。まず、御社の採用事情について聞かせてください。

これまでは基本的には中途採用をメインとして、新しい事業が出てきた折に人員を補充していくという形で会社を大きくしてきました。ただ、2023年の新卒からは第1期新卒という形で定期採用できるように活動を始めたところです。

会社として「地方を変える」というビジョンがあるのですが、人事として雇用の面で新しい価値を創造することになると、「人を育てられる」ということが考えられます。

自社の人材を一から育て、自社の文化を体現してくれる人材を作り出すことに挑戦をしていこうということで、新卒採用をする運びとなりました。

ー事業を拡大していくという段階においては、中途採用をメインにするやり方が合っていたんですね。

そうですね。弊社のビジョンや理念に共感して福井に帰ってくる方や、もっとこういうことを伝えたいという思いを持ってる方がとても多くて、それぞれに役割をしっかりとお願いできました。事業の基盤を作っていく段階では、中途採用という手法は合っていたと思います。

画像2

ー求人に応募してくれる方は県内の方が多いんでしょうか?

これまでは県内が多かったですが、最近はバラバラですね。最近メディアにもたくさん出させていただくようになって、それからは県外からのUターンっていう方も多くなりました。東京、神奈川、大阪、四国など、様々な地域からお問い合わせいただくことも増えてきました。

ー採用するかどうかを考えるとき、志望者のどういった部分に着目していますか?

自分自身がどうなりたいか、どういう人生を歩みたいか、何を成し遂げたいか。そういった自分の中での軸といいますか、働く上で欠かせないことや譲れないことを何かひとつでも持っているかが、「この人いいな」と思えるかどうかのポイントだと思います。

働くモチベーションを上げてあげるのは結構大変なことだと思いますが、そういう意味ではお互いにモチベートされるような関係でありたいということを常に思っているので、働く上で達成したいと思うことがお互いにあるという状態が一番いいのかなと思います。

ーこれから就職や転職に向かうみなさんに、髙橋さんからお伝えいただけることがあれば、お願いします。

私自身は前職で全国転勤の多い大手のチェーン店で働いていたので、せっかくなら福井生まれの会社で、自分のスキルを生かすことができ、なりたい自分になるための目標が達成できるような会社で働きたいなと思っていたのが今の会社へ入社したきっかけでした。

「働く」ということには大人になってからの人生の多くの時間を占めることになると思うので、自分自身が貢献できるという実感をもてたり、働き方に納得がいったり、なりたい自分になれたり、何か自分の人生の糧になるような、そんな企業を探してぜひ幸せに働いてほしいなと思っています。

画像3

ー髙橋さん、ありがとうございました!

■転職経験者へのインタビュー|山形拓さん(32歳)

画像4

ー山形さん、今日はよろしくお願いします。さっそくですが、差し支えない範囲で今の会社に至るまでの経緯を教えていただいてもいいでしょうか。

はい。出身は福井で、大学時代は京都で建築や家具の勉強をして、そこから大阪にある家具屋に就職しました。7年ほど働いたあとに転職をしたのですが、そのタイミングでコロナが流行りだしました。結婚もそのぐらいの時期で、自宅にいる時間が多いなか、関西出身の妻ともいろいろ話をしました。家族との過ごし方とか働き方も含めて、Uターンして福井で仕事をしようと決めました。

そこから県内の企業をいろいろリサーチしたところ、カンパネラという会社を知って、応募したのがきっかけですね。

ーコロナがひとつのきっかけだった?

そうですね。大阪にいることのリスクもそうですし、僕は3人兄弟の末っ子で次男なんですけれども、長男が県外に出ているということもあって、親の近くにいてあげた方がどちらも幸せなのかなっていうのが大きかったかもしれないです。いつかは地元に帰ろうかなという程度だったんですけども、それがコロナで早まって転職を決めました。

ー結婚されて割と早い段階で、仕事を辞めたり、新しいところで仕事を探すことは結構勇気のいる決断だったんじゃないかなと思うんですけど、そのあたりはどういう話を奥さんとされたんでしょう?

妻は大阪に実家があるんですが、都会の人混みが嫌いということは聞いていました。なので、勇気のいることだとは思いますが、割と好意的にUターンの話も受け止めてくれていたようですね。決めたことなのであればついていくよ、という感じでした。あとはこのコロナ禍でオンラインでのコミュニケーションが増えたことで、どこに住んでいても一緒かもねという話は妻としていました。関西の友人とも繋がりたいときはオンラインで繋がれるし、大阪と福井だったら距離的にもそんなに遠くはないねと。

画像5

ー転職を決めて、次の仕事を探すというときに、転職先選びの基準のようなものはありましたか?

高校を卒業してから10年以上関西にいて、そこで経験したことを活かせるような会社がいいなと思っていました。大学では建築を学んで、就職先では小売りや接客などをやってきたので、そのあたりを活かして、それが結果的に福井に恩返しするような形になればいいなと。

ー実際、入社してからはどんな仕事をされているんでしょうか?

去年の9月ぐらいから副店長業務をやってまして、今は雑貨のコーナーを中心として売り場全体も見ているような形ですね。大変は大変ですけど、やりがいがあります。

仕事の進め方もそうですけども、接客自体が初めてというスタッフも多い中で、お客様への接し方とか、そういったところもこれまで経験してきたことを少しずつ伝えられてるかなというのは実感としてありますね。

画像6

ー転職するにあたって大変だったことはありますか?

転職については、ぼく自身はそんなに大変だったと思うことは多くなかったですね。

妻にとっては雪や方言に慣れないとか、そういう大変さはあったかもしれないです。

強いていえば、仕事の選択肢が多いとは言えないかもしれませんね。
生活面で言うと、物件が古いか、新しいかというように両極端の印象があります。

あとは(大阪と比べて)意外と物価も安くないですね。でも全体的にはそこまで何かに困ったという感じではありませんでした。

ーこれから就職や転職に向かうみなさんに、山形さんからお伝えいただけることがあれば、お願いします。

何歳からでも、やりたいと思えば何でもできると思ってみるのがいいかと思います。

何も言わなくても仕事が与えられるような職場や、弊社のようにいつも自分で考えて動くような職場など、自分にあった働き方ができる場所はいろいろあると思います。

チャレンジしたいと言えばさせてくれるような会社もあるので、とりあえず飛び込んでみるというのが大事かもしれません。

画像7

ー山形さん、ありがとうございました!

【応援企業情報】

株式会社カンパネラ
所在地|〒919-1132 福井県坂井市春江町針原20-29
TEL|0776-63-6418
WEB|https://campanela.jp

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
福井労働局 就職氷河期世代応援メディア「明日へのたより」
「明日へのたより」は、過去の社会経済情勢により大変厳しい就職活動を余儀なくされ、 今も葛藤を抱える就職氷河期世代のみなさまに、少しでも前向きになれる情報を散りばめたメディアです。  ぜひ、ちょっとした空き時間などにチェックしてみてください。