見出し画像

応援企業紹介|株式会社 美浜商事

※〈応援企業紹介〉の記事では、就職氷河期世代の方々をはじめ、就職や転職活動に向き合うみなさんを応援する福井県内の企業を紹介していきます。採用に対する企業の考え方や、転職経験のある方々の体験談から、ぜひ明日に向き合うヒントを見つけていただければ幸いです。
今回は、美浜町で家具の製造販売を行う株式会社美浜商事の北山さんと川嶋さんにお話をお伺いしました。

■社長のお話|北山道雄さん

画像1

ー本日はどうぞよろしくお願いいたします。現在美浜商事さんには何人くらい従業員の方がいらっしゃるんでしょうか

30人弱ですね。その中に嘱託職員のような立場の方も何人かおります。

ー普段の採用活動というのは、毎年新卒を採用するような形で行なっているのでしょうか?

以前は新卒をとっていましたが、どうしてもなかなか続かなくて。なので今は中途採用ばかりですね。随時募集はしているという感じです。中途で採用する人も、同業種での経験がない人がほとんどですね。

ー募集があった際に、会社としてはどういった部分を重視しながら採用を決めているのでしょうか?

いつもそれなりに自分を持ってらっしゃる方というのが一番かと思います。うちとしては長く続けてもらいたいので、意志を持ってきてくださる方という点は重視します。ただ何にせよ、やってみないとお互いにわからないことって多いんですよね。自分ではこの業種でいけると思ってたけどやっぱり難しかったというパターンも結構あるので、そういう意味では、まずは1回チャレンジしてみましょうという形にはなりますね。

画像2

ー応募してこられる方の動機にはどのようなものが多いんでしょうか?

大抵はものづくりに興味があるという感じで来られますね。
ただ、どこまでその方の思いに応えられるのかは難しいところです。やっぱり、作業自体はラインの中なので。やりがいをつくり出すという意味では、ネット販売を通して喜んでくれているお客様の声を共有させてもらったり、時にはクレームの内容を共有したりもします。

ー自分たちの作ったものがこんな風に届いてるということを実感してもらう?

そうですね。どうしてもラインの中にいると目の前の板しか見えていないことが多いので、「自分にとっては1000枚通る板のうちの1枚かもしれんけど、お客様にとっては1枚のなかの1枚っていうことを忘れんようにやっていきましょうね」ということは意識して伝えるようにしています。

ーこれから転職や就職に向かわれる方へ、メッセージやお伝えいただけることがあれば、お願いします。

うちに限らず、何らかの形で自分の力を使ってもらえる場所や、貢献できる会社があるはずだと思います。一歩踏み出すのは大変かもしれないですけど、例えばうちであればできる限り働いてくれる人のサポートはしていきたいと思いますし、そういう人の力がないとなかなか前にも進んでいけない。そういう意味では、お互い協力していきたいという思いがあります。

画像3

北山さん、ありがとうございました!

■転職経験者へのインタビュー|川嶋大輔さん(44歳)

画像4

ー川嶋さん、どうぞよろしくお願いいたします。いま、美浜商事さんに勤めてどれくらい経つんでしょうか?

2008年の3月に入社しているので、13年ちょっとですね。

ー美浜商事さんに入社されるまでの経緯を可能な範囲で教えていただけますか?

大学を卒業してすぐに地元の会社に就職したんですけど、2007年にその会社が倒産しまして。それがあって、転職活動をせざるを得ない状況でした。自分の場合だと、特段何かの資格や免許を持ってるというのがその時点でなかったので、そんな中でどこがいいのかを考えて探していたら少し時間がかかってしまいましたね。

ー次の仕事を探される中でいろんな業種や会社があったと思うのですが、どんなことを重視しながら会社選びをされたんでしょうか?

前職は全く違う業種で、家具とかも一切関係ないところだったんですけど、やっていた業務内容として、必要なものを発注したり在庫をみたりっていうことをしていたので、業種というよりは前の会社でやっていたことと同じような業務の募集をかけてるとこがあるかなという点をよく見てましたね。そしたら「在庫管理」という仕事がこの会社の求人に書いてあったのを見つけて応募し、今に至りますね。

画像5

ーでは会社の中では製造ラインというよりも倉庫などにいることが多いですか?

そうですね、現場にいる時間は長いです。在庫がどれだけあって、注文でどれだけ出ていって、生産の予定はどうなってるかっていうところを見ながら、全部ではないですけど、取引先さんとやりとりをしたり、そういう感じです。

ー業種としては未経験だったけれど、業務の内容としては前職の経験を活かせたんですね。

異業種という考え方をするとどうしても難しくなる部分が多いとは思いますから、業務の内容っていうのはよく調べてみることがいいのかなという気はしますね。

ー転職にあたって、頼りにしたものはあったりしますか?

やっぱりハローワークさんですかね。民間の求人サービスもあるとは思いますけど、ハローワークは近くにありますし、直接相談に乗っていただけるっていうことが大きいかなと思っていました。

ー先ほど、資格や免許がないということで次の職場探しに少し時間がかかってしまったという話がありましたが、それ以外に転職時に大変だったことや印象に残っていることはありますか?

ぼくがしたことはハローワークに通うという、簡単に言ってしまえばそれだけなんですけど、それにはすごくパワーがいると思っています。どうしても悩みますし、焦りますし、転職就職活動は疲れる作業だと思います。
ただ、ふとしたときに1回スイッチ入れてしまって、そうなるとまた早いというか、決断までにポンと上手くいく印象がありますね。それまでがなかなか大変かなと思います。

画像6

ー決断することにたどり着くまでにエネルギーが必要ということですかね?

決断もそうだと思いますが、まず動くというスタートのところからですよね。

僕の場合は勤めていた会社が突然なくなってしまって、完全に体から力が抜けた状態だったので余計に。普通に転職される方も、仕事を辞めたり職を変えるっていうことを考えるのは単純に疲れると思います。そこが一番大変じゃないかと思いますね。

そこに時間はかかるかもしれないですけど、やっぱり働かないといけないなって自分の中に落ちてきたら、ハローワークにすっと足が向いてくる感じがします。

ー実は社長から、美浜商事での面接が終わった際に川嶋さんから会社宛てに手紙が送られてきたという話をお聞きしています。それが採用の決め手になったと。

いや、普通に「面接に時間を割いていただいてありがとうございました」みたいなお手紙を出したっていうだけなんですけど…。会社として大きなこととして捉えてくださったみたいで。僕は特別なことをしたと感じはないんですけど…(笑)

ーそういうことが自然にできるというのは、ひとつの強みだったのかもしれませんね。最後になりますが、就職氷河期世代としてこれから転職や就職に向かう方々にお伝えいただけることなどあればお願いします。

業種がどうこうというこだわりがあったり、見つからなかったらどうしようという不安は誰しもあるとは思います。

でもちゃんと調べていくと、100%一致するとは言わなくても、自分のこれまでの経験や知識が何割か重なる仕事があると思います。ぼくの場合も実際にあったので。

そこの部分をよく探してみてもらえたらと思います。

画像7

ー川嶋さん、ありがとうございました。

【応援企業情報】

株式会社美浜商事
所在地|〒919-1132 福井県三方郡美浜町佐柿34-10
TEL|0770-32-0514
WEB|https://mihama-corp.com/

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
福井労働局 就職氷河期世代応援メディア「明日へのたより」
「明日へのたより」は、過去の社会経済情勢により大変厳しい就職活動を余儀なくされ、 今も葛藤を抱える就職氷河期世代のみなさまに、少しでも前向きになれる情報を散りばめたメディアです。  ぜひ、ちょっとした空き時間などにチェックしてみてください。